商品に関するFAQ

配送方法やお支払い方法などショップに関することはご利用方法に関するFAQをご覧ください。

野菜セット全般について

Q.【保存方法】について教えてください。
葉物野菜・果菜類は冷蔵庫にて、根菜類は常温の直射日光の当たらない風通しの 良い場所で保存をお願いいたします。
※一部の根菜類については、冷蔵庫保存をオススメするものもございます。
各野菜の保存方法については商品に同梱の納品書に記載しておりますので、ご確認をお願いいたします。
Q.【賞味期限】について教えてください。
生鮮食品ですので、設けておりません。
Q.【生産場所】を教えてください。
植物工場野菜のベジリッチは愛知県小牧市で生産しております。
有機野菜は、日本国内で生産しております。
Q.放射性物質への対応はされていますか?
放射性物質への特別な調査はしておりません。
なおベジリッチに関しては、工場内で栽培しているため、放射性物質の飛来の恐れはありません。
Q.工場野菜と有機野菜の違いを教えて下さい。

工場野菜は弊社植物工場で生産されております。医薬品製造で培った徹底的な 衛生管理により、栽培期間中農薬不使用で栽培している安全・高栄養な水耕栽培の 野菜です。ベジリッチと記載してあるものが該当いたします。

有機野菜は農林水産省の定める有機JAS規格を満たす生産者により生産された土耕栽培の野菜になります。化学肥料や化学農薬を使用せず栽培している季節の野菜になります。

Q.以前届いた野菜セットよりも軽いのですが、間違いでしょうか?
季節のお野菜をお届けさせていただいております。極力バラつきがないようにしておりますが、季節によって品目、重量に多少のバラつきがございますのでご了承ください。
Q.届く野菜は、収穫からどのくらい経ったものですか?
野菜の種類や産地によるため、一概にはお答えできません。
希少な有機JAS認証の野菜でセットを作っているため、産地リレーをしており 同じ種類の野菜でも、お届けするまでにかかる時間は
異なります。お客様に新鮮な 野菜を味わっていただくため、極力短い時間でお届けできるよう努力しております。
Q.お試しセットなどはありますか?
申し訳ありませんが、ございません。

ベジリッチについて

Q.ベジリッチの栽培には農薬が使用されていますか?
ベジリッチの野菜は、衛生的な環境で栽培しておりますので、栽培期間中に農薬を一切使用しておりません。
安心してお召し上がりいただける野菜です。
Q.ベジリッチの野菜には、どんな種類がありますか?
ベジリッチシリーズには、レタスの仲間の「フリルレタス」「ヤングリーフW」「エンジェルレタス」、ホウレンソウの仲間の「スイスチャード」、ケールの仲間の「スリムケール」、ハクサイの仲間の「美白菜」、チンゲンサイの仲間の「美青菜」、大麦の新鮮な若葉だけを収穫した「大麦若葉」、 一般的に広く食べられていて、香りの強い「スイートバジル」、赤紫色で珍しい「ダークオパールバジル」、シナモンのような香りのする「シナモンバジル」がございます。
Q.通常の野菜とベジリッチの野菜は何が違うのでしょうか?
興和の徹底された衛生管理のもと、栽培期間中は農薬を一切使わず育てた野菜です。
一つ一つ丁寧に収穫し、採れたてをパックしているので、ベジリッチの野菜は新鮮で長持ちします。
Q.ベジリッチは有機野菜でしょうか?
ベジリッチは植物工場野菜です。
有機肥料は使用しておりませんが、衛生的な環境で栽培しているため、栽培期間中は農薬を一切使用せず育てております。
安心してお召し上がりください。
Q.美白菜はどんな野菜ですか?
美白菜は、葉酸、ビタミンKがギュッと詰まったハクサイです。
青臭さや筋っぽさが少なく、葉がやわらかく生でも食べられるのが特徴です。
サラダをはじめ、通常のハクサイのように調理してもおいしくお召し上がりいただけます。
美白菜は興和㈱の登録商標です。
Q.美青菜はどんな野菜ですか?
美青菜は、葉酸、ビタミンCなどの栄養がギュッと詰まったミニチンゲンサイです。
えぐみが少なく、面倒な泥落としが不要なのが特徴です。
そのまま炒め物にしたり、生のままサラダとしてもおいしくお召し上がりいただけます。
美青菜は興和㈱の登録商標です。
Q.フリルレタスは、どんな野菜ですか?
フリルレタスとは、葉先がフリルのようなレタスです。
ベジリッチのフリルレタスは、シャキシャキでみずみずしく、サラダなどでおいしくお召し上がりいただけます。
Q.ヤングリーフWは、どんな野菜ですか?
ヤングリーフWとは、リーフレタスのことです。
ベジリッチのヤングリーフWは、厚みのある、やわらかい葉っぱが特徴です。
生はもちろん、鍋や炒め物などでもおいしくお召し上がりいただけます。
Q.エンジェルレタスは、どんな野菜ですか?
エンジェルレタスは、ふわっふわっのレタスです。
ベジリッチのエンジェルレタスは、にがみが少ないのでお子様にもおススメです。
※エンジェルレタスは興和(株)の登録商標です。
Q.スイスチャードは、どんな野菜ですか?
スイスチャードは、茎が赤や黄色などカラフルな色合いが特徴です。
ベジリッチのスイスチャードはホウレンソウに似た味なので、サラダをはじめ、おひたしや炒め物などでも
おいしくお召し上がりいただけます。
Q.スリムケールは、どんな野菜ですか?
スリムケールはにがみやクセがあまりないケールです。
青汁によく使われる野菜ですが、ベジリッチのスリムケールは生でもおいしくお召し上がりいただけます。
Q.大麦若葉は、どんな野菜ですか?
大麦若葉は、青汁によく使われる野菜です。
ベジリッチの大麦若葉は新鮮な“一番刈り”をご提供いたします。
スムージーなどでおいしくお召し上がりいただけます。
Q.スイートバジルはどんなハーブですか?
一般的に広く食べられているバジルです。
甘みのある爽やかな香りは青じそにも似ていて、日本人にもなじみやすい風味をしています。
柔らかい若葉を収穫しているので、料理のトッピングとしてはもちろんサラダとしてもお召し上がりいただけます。
Q.ダークオパールバジルはどんなハーブですか?
スイートバジルを改良した赤紫色をしたバジルです。
スイートバジルよりもややマイルドな甘い香りや特徴的な色をしているので料理の彩りやビネガー漬けなどお楽しみいただけます。
柔らかい若葉を収穫しているので、サラダとしてもお召し上がりいただけます。
Q.シナモンバジルはどんなハーブですか?
シナモンに似た甘い香りが特徴のバジルです。
その香りを生かしてパンやスイーツに使用されることが多いですが、普段の料理にもご利用いただけます。
柔らかい若葉を収穫しているので、サラダとしてもお召し上がりいただけます。

有機野菜について

Q.有機野菜のメリットは何でしょうか?
化学農薬を使用しておらず、野菜本来の味わいを感じられます。
有機栽培は、たい肥などで土づくりを行うことから始まり、原則として2年以上 (果樹などは3年以上)化学肥料や化学農薬を使用されていない農地で栽培され、 遺伝子組み換え、種子の加工なども使用禁止とされています。そのため、化学農薬 の残留がなく、土づくりからこだわった野菜の味を楽しめます。
Q.虫食いの商品があるが食べられますか?
食べられます。気になるようでしたら虫食い部分は捨てていただき、よく洗って お召し上がりください。
Q.完全無農薬栽培ですか?
農林水産省指定の安全性が高い農薬(化学農薬以外)の使用は認められていますので、有機野菜といっても
すべての野菜が一切、農薬を使用していないというわけではありません。
(一部、農薬等を使用していない有機野菜もございます)。
Q.ほうれん草の特徴について教えてください
葉酸が豊富な緑黄色野菜です。葉酸以外にも鉄を含んでいます。
Q.春菊の特徴について教えてください。
鍋の具としてよく使われる野菜です。葉酸だけでなく、β-カロテンも豊富な緑黄色野菜です。
Q.みずなの特徴について教えてください。
元々は京都の野菜と言われています。葉酸だけでなく、女性に不足しがちな鉄、カルシウムも含んでいます。
Q.小松菜の特徴について教えてください。
葉酸が多いだけでなく、β-カロテンやカルシウム、鉄を含む栄養豊富な緑黄色野菜です。
Q.キャベツの特徴について教えてください。
キャベツには葉酸だけでなくビタミンCやビタミンKも多く含まれています。
また古くから消化を助けると言われています。
Q.しろ菜の特徴について教えてください。
しろ菜は結球しないハクサイの仲間です。葉酸やβ-カロテンが多く含まれており、
他にもカルシウムや鉄など不足しがちなミネラルも含んでいます。
Q.にらの特徴について教えてください。
葉酸の他にもβ-カロテンが豊富です。また特徴的なのは、ビタミンB1の吸収を助けるといわれているアリシンが含まれています。
Q.ブロッコリーの特徴について教えてください。
化学農薬を使用せず栽培するのはとても難しい野菜です。葉酸が非常に多く含まれており、妊婦さんや貧血気味の方には特にオススメの野菜です。
Q.かぼちゃの特徴について教えてください。
葉酸、β-カロテン、ビタミンEや食物繊維が含まれています。
Q.えだまめの特徴について教えてください。
葉酸が含まれているだけでなく、妊婦さんに不足しがちな鉄分も豊富に含まれています。
また糖の代謝を助けるビタミンB1も含まれています。
Q.なすの特徴について教えてください。
ナスはポリフェノール(ナスニン)を含んでおり、強い抗酸化力を持っていると言われています。
Q.ズッキーニの特徴について教えてください。
カリウムを多く含んでおり、塩分の排泄を助けてくれると言われております。
Q.アスパラガスの特徴について教えてください。
葉酸を多く含んでいます。またアスパラギン酸というアミノ酸が含まれています。
Q.ごぼうの特徴について教えてください。
食物繊維が豊富で、お通じを助けます。
Q.だいこんの特徴について教えてください。
でんぷん分解酵素が含まれており、胃腸の消化を助けると言われています。
Q.じゃがいもの特徴について教えてください。
でんぷんに守られているため、加熱してもビタミンCが摂取できます。
皮や芽の部分にソラニンという毒素が含まれますので、その部分を除いてお召し上がりください。
Q.かぶの特徴について教えてください。
かぶの根は、胃腸の消化を助けると言われています。また葉の部分には葉酸やβ-カロテン、ビタミンCが含まれております。
Q.にんじんの特徴について教えてください。
体の中で必要な分だけビタミンAに変換されるβ-カロテンが豊富に含まれています。
Q.たまねぎの特徴について教えてください。
フラボノイドの一種であるケルセチンを多く含んでいると言われています。
他にも硫化アリルといったビタミンB1の吸収促進をする成分が入っています。

葉酸について

Q.葉酸は摂りすぎても大丈夫でしょうか?

葉酸は水溶性ビタミンのため、通常の食事では過剰症はありませんが、下記の場合は注意が必要です。
葉酸を過剰に摂取することにより、ビタミンB12欠乏によって生じる大赤血球性貧血や後外側脊髄変性の発見が遅れるリスクがあります。

また、野菜などの通常の食事から摂取出来る葉酸(食事性葉酸)に関しては、耐容上限量がありませんが、サプリメントや葉酸を強化した食品から摂れる葉酸(プロテイルモノグルタミン酸)については、男女共通で耐容上限量が設定されております。
※耐容上限量とは、健康障害をもたらすリスクがないとみなされる摂取量の上限です。

プロテイルモノグルタミン酸の耐容上限量

18-29歳 900μg/日
30-69歳 1,000μg/日
70歳以上 900μg/日

<参考文献>日本人の食事摂取基準(2020年版)「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書

Q.葉酸を摂るメリットは何でしょうか?
お腹の赤ちゃんや乳幼児の成長には葉酸が使われます。またビタミンB12とともに赤血球の生産を助けます。
葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症)を発症するなど成長や代謝異常のリスクがあると言われています。
Q.元気な赤ちゃんが生まれてくるでしょうか?
葉酸を適切な時期に摂取することは、神経管閉鎖障害のリスク回避に有効と言われていますが、葉酸野菜セットを召し上がっていただいたからといって元気なお子様が生まれてくることを保証するものではありません。
かかりつけの医師の指示に従い、規則正しい生活をすることをオススメいたします。
配送方法やお支払い方法などショップに関することはご利用方法に関するFAQをご覧ください。